滝下通り、白壁に黒い梁が美しい「せがい出し梁造り」の建物。裏に山庭を背負う野花の 宿。懐石料理。露天風呂とハーブ湯。
そば処 高原の霧の中で育った香りの高い新そばを手打ちにし、山の冷水で締めました。

 

 

 

泉質: 酸性アルミニウム・硫酸塩・塩化物温泉(酸性低張性高温泉)
効能: 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・慢性婦人病・冷え性・皮膚病一般・健康増進など。

 西上州の養蚕農家に特有な建築様式。張り出した二階の軒下に、舟の船竄ノ似た小天井を張って外観を整えている。建物の規模は時に三階建てとなることもあって、大きな白壁に黒い梁が浮き出した外観は美しい。明治政府によって招かれたドイツ医師ベルツはその日記に「初めてこの土地を訪ねた者には、日本の町というよりは、むしろチロルの村落が念頭に浮かぶ」と書きしるしている。
 高度経済成長と観光ブームの時代になって、草津にも箱型のビルが林立するようになると相様は一変。美しかった町並みは前田青邨の代表作といわれる「湯治場」などの書画にしのぶしかない。大阪屋は古きよき草津の再現を先駆ける者として、いちはやく「せがい出し梁梁づくり」の新館を完成させた。

入浴時間 12時〜16時

 

 

群馬県吾妻郡草津町 356
電話:0279-88-2411

URL:http://www.osakaya.info/